青年@探偵団のつぶやき

予期せぬ決断の朝。

 AM6:30携帯電話の呼び出し音で起される。窓の外は、いまだ薄暗く小雨が降っていた。その早朝の発信者は、至って落ち着いた声でこう言った。
『今、現場にきています?グランドは、水たまりが各所にあり、今日のソフトボールは、中止にします。また、昼頃には、雨が上がるとは思いますが?バーベキューも試合があってこそのバーベキューだと思います。したがって、すべて日を改めて考えます。』といたって冷静且つ、明快なイベント中止の報告でもありました。
 電話の主は、この日団長就任したばかりの青年@探偵団の新団長平井君・・・

 新団長のスタートの催しであるだけに、何度も打ち合わせを重ね、万全の体制で準備を整えてきたと聞いていました。しかし、緻密な計画を持って、何か事を起すと言えども、予期せぬ出来事は起きるものです。今回は、お天気と言う曲者によって、お流れとなったようです。

その時・・・・
“いつ! 誰が! どんな決断をするのか!更には、その決定に伴い、どんな手を打つのか?” なんでしょうね。そして、起きるハプニングであるだけに、それは、常に少なからぬ物心合わせたリスクも伴ってくるのでしょう。
その予期せぬ時には、多人数での議論の余地なし・・・誰かの感じるままの勇気ある決断と的確な指示を持って対応するのですよね。

 その意味では、この日の曲者は、新リーダーのあなたに貴重な訓練をさせたようです。これ,あなたへ天が授けた就任祝いだったのかも・・・・ね。
会員のみなさんならお解りですよね? 会社も同じですよ。『ことに当たって、決断するもの!その者をもってリーダーと呼ぶ』のだそうです。平井君の出した中止の決断・・・まず持って朝早く、ご苦労さんでした! (S)

投稿日:2013年9月2日
カテゴリー:青年@探偵団のつぶやき

次回例会は

例会参加申込