事務局からの”つぶやき”

トンネルの先は雪国ではない。

 昨夜、守成kushiro号と言う列車に乗っている夢をみた。
ゴットン!ゴットン!
この列車10両を越える客車を連結しています。
急勾配の坂をのぼり、なが〜い鉄橋を渡った列車の行く手にトンネルが見えた。
そして、アっという間に列車は、トンネルに入った・・・・・・
 そこで目が覚め私の夢が終わった。

 さて、この夢 吉・凶どちらともうけとれるでしょうが、私は、吉兆の良き夢と捉えています。
 何故なら、立ちはだかる山のどてっ腹をぶち抜いたトンネルですよ。なが〜いトンネルかも知れませんが?長けりゃ長くてもいいのですよね。
 そのトンネル抜けた時にひらける景色・・・・・どんな世界が待っているのか?とても楽しみなんですよ。

 この山抜けたらそこには、きっと新しい何かが見えてくるはずです。
そんな期待をもっているのは私だけではないと思う
この新しい世界!みなさんも楽しみにしていてくださいね。

 そこでお願いしたいのは、トンネル内であるだけにノンストップで走り抜けます。したがって、トンネル内での途中下車は出来ませんのであしからず?
 今、乗車している432名のみんなでトンネルの先の景色見てみましょうよ?

 そこには、何が見えるの?何があるの〜と聞かれても私には、お答えしかねますね〜
 だって、私だって始めて足を踏み入れる世界なんですよね。
 只、1つ言えるのは、100億駅と言う名のステーションがあることだけは確かなようです。
 また、『長いトンネルを抜けるとそこは雪国であった。』
これは有名なある小説の冒頭文ですが、このような寒い雪国でないことも確かでしょう。

 いつかまた、この「夢のつづきの夢」見たいものです?(S)

投稿日:2014年7月30日
カテゴリー:事務局からの”つぶやき”

次回例会は

例会参加申込