事務局からの”つぶやき”

研かにゃ錆びる?

 ある人から『人は、砥石?』と言う言葉を聞いた。   
それは、人は誰しも砥石と剣(つるぎ)を合わせ持っているお話だったでしょうか?
だとしたら、あなただって、このふたつを合わせ持っているのでしょう。

 そのふたつを持つあなたは、時には砥石となって仲間を磨いてあげているのでしょう?
また、ある時には、あなたの剣を仲間が研いてくれているのでしょう。

そこで、あなたの持つ砥石と剣を1度確認してみてください。

 ゆがんだ砥石になってませんか?
また、あなたの剣は、刃こぼれしていませんか?錆びついてはいないでしょうか?

 もしも、歪みがある砥石だとしたなら、それは、人としての歪みなんだそうですよ。そんな砥石で他人を研いちゃいかんぜよ!
もし、刃こぼれし、且つ錆びた剣だとしたなら、それは、研いてもらう人を間違っているのかもよ?

 すべては、お互いが上手に!正しく!美しく研きあっているのかどうかでしょう。 
互いに研きっこする相手と研き方を間違ったなら研きっこしてもダメなのよね。
くれぐれも醜い姿の砥石と剣にならないようご注意ください。
守成クラブでの仲間同志の「良き研き合い」が=「良き研き愛」になって欲しいものです。
そして、世間からも守成の会員は、「みな素晴らしい人たち」と言われたいものです。

 是非!クラブを通じて互いの人間づくり,人研きお願いしますね。
ほら!あなたのつるぎにサビ浮いてきたよ、錆びた剣じゃ戦いにならんでしょう。(S)

追伸/
 実は、この歳になっても、今なお荒砥石で研いてもらっている私なのだ!!!!
だって、うっかりしてると、すぐにも錆ちゃうのも剣で〜す。

投稿日:2014年6月27日
カテゴリー:事務局からの”つぶやき”

次回例会は

例会参加申込