事務局からの”つぶやき”

「守成人物文庫」の開設

 自己進化を促す為には、異なるものとのふれあいが必要だそうです。
そこで、この異なるものとは何か?私なりにつらつら考えてみました。

 ・国際交流で外国人との交わりによって進化するもの?
 ・よその地域の方との語らいで互いに研かれるもの?
・異業種が交流することによって見つけるもの?
 ・異なる世代や性別の人との交わりで発見するもの?
 ・歴史上の人物の生き方から学ぶもの?
 ・知らない処への遊学の旅も何かが身につくことでしょう。

 このように異なるものもいろいろあるのでしょう。
より多くの異なるものとの交わりによって進化するのも人間なんでしょうね。

 その意味では、このたびの全国大会に参加した20名の方は,やがて進化するかも?否、必ず進化すると信じていますよ。その進化の兆しがいつ現れるか?についてはおのおのでしょうがね?

 さて、今日の本題/
人は、異なるものと交わる中から進化を遂げてきたことは歴史上でも数多く見ることができます。
これら歴史上の人物の生きざまの中から学ぶものあり・・・・

 ある日「ボクは織田信長にあこがれています!」
会員Hさんがいきなり言ったこの発言には、少し驚きました。
何故なら、あの伊藤小一創設者も信長の名をもって自らを語ることがあるのですよ。
「織田信長なら創設者と同じだね?」と言ったらHさん瞬時に天を仰いだ・・・???

 <事務局からのお知らせ>
 事務局会議室に「守成人物文庫」なるものを6月20日開設することにいたしました。
例えフィクションでも、その歴史小説の主人公の異なる生き方からあなたが何かを見つけられたら嬉しいかぎりです。

  最初は、ちいさな文庫から始めますがクラブの力と会員有志の寄贈をもって少しずつ拡大していきます。勿論、無料貸し出しで図書管理は、みなさんの倫理にお任せいたします。(S)


投稿日:2014年5月30日
カテゴリー:事務局からの”つぶやき”

次回例会は

例会参加申込