事務局からの”つぶやき”

ゆっくり歩けば! 遠くまでいける!

守成クラブの伊藤小一創設者は、今から22年前9ヶ月かけて7,400㎞歩いて日本1周をしたことは、みなさんご存知ですか?また、自ら提唱実践した24時間100㎞ウォーキングを数年間続けたのも確かな事実です。そして、語った言葉が”ゆっくり歩けば!遠くまでいける!”です。
この言葉ズッシリと心に届くのは、何故でしょう?
 さて、28日の湿原15kmウォーク参加のみなさん!タイムなど競うことではないのですよ。ゆっくりと歩きながら自らを見つめることでしょう。そして、何かを発見できたらいいですね。(S)

投稿日:2013年7月24日
カテゴリー:事務局からの”つぶやき”

次回例会は

例会参加申込