事務局からの”つぶやき”

数字「3」とは?

 会員の皆さんが事務局や私の部屋にきた時にいつも思うこと・・・・・
それは、出たり入ったり・・・1人来て2人来て3人になった! その瞬間からパッと空気が変わるのですよね。しかも、そのお話の内容は、決して守成クラブの話題とは限らなくてもですよ。

 これ、3人の持つ不思議・・・「3」の数字もつの不思議なのかも????
 そこで、数字「3」に関わるものを調べてみた。するとことわざや教訓・格言など出てくるでてくる。その中から幾つか拾ってみました。

 1、  『3人寄れば文殊の知恵。』
 2、 『石の上にも3年。』
 3、 『早起きは三文の得。』
 4、 『三つ子の魂百まで。』
 5、 『3人行けば必ず我が師あり。』*
 6、 『仏の顔も3度まで。』etc

ほかにも3でくくる単語や物事の表現がたくさん見つかりました。
 『三種の神器』・『御三家』・『日本三景』・『三冠王』・『三三七拍子』・『三三九度』・『三日坊主』etc
よって、この数字3には、見えない大きな魔力が秘められているのかもね?

 さて、5、の『3人行けば必ず我が師あり』の故事を少し解説しましょう。
これは、論語の中の孔子の名言の一つで、その意味するところは・・・・・
 孔子曰く、
「善を行う者には従い、不善を行う者がいれば自分を省りみればよい・・これどちらも師?」
 3人で行を共にするなら、必ず自分にとって師とすべき者が2人いる。
更には、すべてが自分の心の持ち方一つで、あらゆる人がわが師となる・・・・
と言うことだそうです。

 だとしたなら、あなたも私も、このクラブの中にあって396名もの師がここにいることですよね。
そして、あなた自身も会員395名の方々の師であることも確かでしょう。
さて、その師はどっちかな?(S)

追伸/
さて、守成会員としてあなたの三種の神器は、何と何と何でしょう?

投稿日:2014年4月24日
カテゴリー:事務局からの”つぶやき”

次回例会は

例会参加申込